投資とは・・・2

マインド

前回のおさらい


前回投資とは期待値を買う事とお話ししましたが、

もう一つ重要な事があります。

それは、勝率です。

前回同様リンゴで例をあげます。

通常、美味い不味いに関わらずリンゴは常にリンゴの味がします。

だから、皆さんはリンゴが買えます。

しかし、50%の確率で一万円以上価値がある美味いリンゴで

残りの50%は、全くリンゴの味がしない土の様な味で下痢をする可能性があったら、

100円で買う人は少ないと思います。

いやいや、100円で一万円以上の味が50%の確率で食べれるなら例え下痢してでも、俺は私は買うぞという人はたぶん投資でも勝てる人だと思いますが、そういう人はほとんどいないと思います

50%の確率というといきなり不味い物に当たる可能性がありますし、連敗する可能性もあります。

大抵の人は、一回目で不味い物が当たり下痢したら二度と買うことはないでしょう。

普通にリンゴを100円で買う事ができるのは、勝率がほぼ100%ということだからです。

投資をしていくうえで期待値と勝率の関係は凄く重要な要素です。

次回は、もっとも重要かもしれないプロスペクト理論について説明します。

コメント